« 各カテゴリーへのリンク | トップページ

症状の変化 その6——発作の段階

 その後、激しい発作の起こる頻度がだんだんと増えていった。初めは空腹時に起こっていたが、食間や食後すぐ、食中にも起こるようになった。空腹時に血糖が下がるのはもちろん予想がつくが、食間や食後、食中になぜ発作が起こるのか分からずにいた。しかも起こると、気がついたときはもう遅く、あわてて糖分を摂取しても発作はすぐに治まってはくれなかった。

 この、食間、食後、食中の発作というのも、インスリノーマの傾向と言える。インシュリンは、糖分に反応して分泌される。通常血糖値は、食後30分から1時間をピークに緩やかに下降して、3、4時間後には空腹時程度になり、その数値が保たれる。しかしインスリノーマの場合、糖分に対するインシュリンの反応が大きい(分泌される量、速度ともに)ため、血糖値が上がる前の食中や食後すぐに、インシュリンが大量分泌されて低血糖に陥ったり、ピーク時のインシュリン分泌量が多すぎて、食間に低血糖になる。また、症状に気づいて糖分を摂取してもインシュリンの量が多すぎて足りなかったり、せっかく摂った糖分に反応してさらにインシュリンが分泌されてしまい、回復が遅くなるのだ。

 さらにわたしの場合、症状が進むにつれて発作の状態も変わってきた。初めの頃は、気分が高揚して幼児や酔っぱらいのようにはしゃいでいた。数ヶ月して発作の回数が増えていくと、気分の高揚はなくなり、焦燥感とともに発作が始まって訳の分からないことを言ったり、方向が定まらないままふらふらと左右に歩いたり、くるくる回ったりした。さらに症状が進むと、とても小さなことが気になったり(たとえば、髪がほほに触れるとか、コンタクトレンズのごろつきがどうしようもなく気になるとか)、簡単なことが分からなくなって(箸がどこにしまってあるかとか、どうやってフタをあけるかとか)、苛立って暴れだした。

 どの段階でも共通していたのが、最終的には眠る(意識を失う?)ことだった。そして目を覚ました後は、その症状が回復していた。前にも書いたが、脳は糖分がないと働かない。だからエネルギーをセーブするため、もしくはエネルギー切れで眠ってしまうのだ。目を覚ますと回復しているのは、その前になにかしらの糖分を摂っていたからだと思われる。もし糖分を摂らないままで意識を失い、その後も血糖が低下して0の状態が3時間以上続くと、脳死になってしまう。

 発作で一番怖かったのが、意識があるのに、行動を制御できないことだった。だから、発作の起きたことやその状況は鮮明に覚えている。なんだろう、夢を見ているような感覚かな? 一生懸命、「何やってんの? あぁ、だめだよ。ほら、飴なめないと。ブドウ糖飲んで!!」って思っているのに全く体がいうことをきかないのだ。

|

« 各カテゴリーへのリンク | トップページ

入院前」カテゴリの記事

コメント

ディジー様

家内の場合も、今思うと同様の症状をしておりました。また、目覚めるのに時間がかかり、バナナ等を食べてようやく起きれる様な状況でした。当時最初にかかっていた地元の総合病院では、インスリノーマと分からず、漢方薬が処方されておりましたが、当然何の効果も無く、本人も家族も不安で不安でとてもつらい日々でした。地元の病院にそのまま、かかっていれば、いま家内はいなかったと思います。とにかく切羽詰った状況にて、大学病院に連れて行きました。大学病院の先生に診てもらったところ、すぐ、入院して検査を行わなければならない状況とのことでしたが、満床のため大学病院では順番を待たなければ入院できず、かといって待っている余裕は無く、別の病院を紹介してもらいました。この段階では病名も分からず、不安が膨らむばかりでした。
ディジーさんのブログを見つけ、ようやく家内と同じつらさを味わった人がいたのかと思ったら、つい愚痴っぽくなってしまいました。申し訳ありません。
インスリノーマ闘病記録応援しています。ゆっくりと記録を綴ってください。

投稿: おやじ | 2008年9月 1日 (月) 20時34分

おやじさん

 お返事がなかなか出来ずにいて、申し訳ありませんでした。

 なんでしょうね、あの不安って。暗闇の中で、すぐそこに何かがいるのが分かっているのに、それが何なのか分からない。逃げるにも、立ち向かうにもどちらに進めばいいのかまったく見えなくて……それでもと思って動いて見ても、先に進んだのか、後ろに戻ったのかすら分からなくて。その分からないもの以外にも自分を支えてくれている人の存在や手があるのは感じられるのに、それすらも見えない。

 親父さんの場合、その支える側だったわけで……同じ暗闇に呑まれながら、必死で手を差し伸べて寄り添っているのに、助けになれているのかどうか分からなくて、相手にそれが伝わっているのかも分からなくて、本当に不安で苦しい日々だったのでしょうね。

 いつでもまたコメントください。といっても、またお返事が遅れてしまうかもしれませんが。それでも、きっとおやじさんのように、患者を支える方たちにとって、おやじさんのコメントに心打たれた方がいるのではないかと想像します。

 現在忙しい日々を送っていて、気になりつつも先を進められないでいます。当時のことを思い起こし、感情を整理して、言葉をまとめるには少々の根気と時間が必要です。このブログを完成?させるのには何年越しになることやら……自分でも分かりませんが(苦笑)、投げ出すことはしませんので、また気が向いたときにでも、覗きに来ていただけたら幸いです。

投稿: デイジー | 2009年1月19日 (月) 12時45分

初めまして私は昨年6月にインスリノーマの手術をしました。まったく同じ症状で同じ病気のブログを見た時は本当にびっくりしました。この病気はすぐに見つけてもらえずに何年もかかりました。大学病院でしか診てもらえない病気みたいで内分泌代謝科なんて自分が行くなんて思ってもなかったです。まだまだ通院しないとダメみたいだけど私と同じ病気で頑張っている人がいるだけで前向きにガンバローって思います。なので元気をもらいにまた闘病記録見にきます。くれぐれもお体大切に無理しないで下さい。

投稿: みっく | 2009年7月 1日 (水) 19時19分

デイジーさん、おやじさん、みっくさん、はじめまして ブログにコメントするのは初めてなので失礼があれば許して下さい。
私もインスリノーマになり苦労しましたので仲間の人がいて嬉しく(?)コメントさして頂きます。私も約4年間(健診の血糖値や体重から、推測)この病気にかかり色々と大変でした。肉体的には体重の異常な増加が辛かったですね。精神的には低血糖になった時に異常な恐怖感、不安感、イライラ、怒り等の嫌なドス黒い感情が湧き出るのが本当に辛かったですね、何回か友人知人にブチ切れたりもしましたし…普段は自分では温厚なつもりなんですが。
今は病気も治り健康にすごしています、病気が治り一番嬉しかった事は体重が激減したことですね、手術後1ヶ月の入院期間中に8キロ落ちて退院後半年くらいで4キロ落ちた事ですね、これは嬉しかったなぁ。
皆さんも御忙しいと思いますが御体のほうをお大事に。
最後にインスリノーマと判断されずに、苦しんでおられる方がいると思いますので、このサイトが検索されやすいように、僕が低血糖で悩まされ検索した単語をここに書くことを許して下さい。
低血糖 精神病 発汗 冷や汗 肥満 アルコール ビール お酒 眠気 あくび
長々とすいませんでした、不適切であればコメント削除して下さい。

投稿: サル | 2010年6月10日 (木) 15時53分

私もインスリノーマで先月手術を受けました。低血糖が原因の意識障害ということがわかったのが3年前、以来早朝などにおこる意識消失の際には家内をはじめ家族に大変な思いをさせてきました。低血糖が原因の意識障害でお悩みの方は、少数かもしれませんがいまもいらっしゃると思います。早期に腫瘍がみつかれば、それだけ早く手術ができます。
できるだけ早く内分泌の先生にかかることを願います。

投稿: ヨーゼフ | 2010年9月 1日 (水) 20時27分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 症状の変化 その6——発作の段階:

« 各カテゴリーへのリンク | トップページ