« 症状の変化 その4——発作後、病院にて | トップページ | 病状の変化 その5——低血糖の原因を探って »

ムムむむむ。

 なんだか最近、筆がちっとも進みません。忙しいせいもあるけれど、きっとそれだけじゃない。症状がどんどん進んで一番大変だったときだから、文字にするのが難しいんです。でも、少しずつ、気が向いたときに進めます。

 入院からは、もとに記事があるので、あっという間に進むかな? まぁ、ぼちぼちと。

|

« 症状の変化 その4——発作後、病院にて | トップページ | 病状の変化 その5——低血糖の原因を探って »

トップ」カテゴリの記事

入院前」カテゴリの記事

コメント

初めてお邪魔します。

筆が進まないって判ります。
症状がでてからまだ2年でしょ?
それなのに振り返ろうとするなんて偉いなぁ。

なかなか冷静に自分を振り返ることは出来ないと思います。

 私もある思いもしなかった病気を患い大手術を経て4年になります。いまだに経過検診が続きます。

 何があって何をしたって事なら書けるんですが、その時どう思ってどうしたかってことになるとその時の感情が溢れ出してしまいます。

 ディジーさんもゆっくり、ね。

投稿: ちっち | 2007年9月 4日 (火) 09時27分

ちっちさん

 初めまして。コメントありがとうございます。

 私の病気は、本当に症例が少なくて、情報がほとんど得られないんです。わたしにとって、一番の恐怖は分からない、先が見えない、ということでした。

 だから、同じ悩みを抱えている人がわたしの記事を読んで、少しでも不安を和らげることが出来るなら……。そう思って、記事を書き始めたのですが……難しいです(> <)。

 ちっちさんから暖かいお言葉を頂けて、勇気がわいてきました。

 本当に、ありがとうございました。

投稿: デイジー | 2007年9月 6日 (木) 00時27分

ご報告

今日何度目かの経過診察に行ってきました。
8月31日にMRIを撮って9日目。

この間の時間が一番つらいんです。
MRIは撮ったけど、結果はどうなんだろうって。で、こういう時って大体いい方へは考えないんですよね。悪い方へ悪い方へ…。
もう、精神的に自分を支えるのがホントつらい…。
家族には平気だよって装っているし…。

で、結果はセーフでした。

次回は来年4月。
もう、やめにしましょうって先生は仰らないから軽~い不安はまたつづくの。

で、今日先生に言いました。
「MRIを撮った日に診察出来ませんか?診察日まで自分を支えるのが精神的につらいんです。」と。

少し考えてから先生はOKして下さいました。

本当は検査日が近づくだけでもひと月前ぐらいからドンドン不安は増していくんだけど…

だから、デイジーさんが「勇気が湧いてきました」なんて言って下さるとかえって困っちゃう。

だって、私はこんなに弱虫だもの。

投稿: ちっち | 2007年9月12日 (水) 16時44分

デイジー様

私の家内もインスリノーマを患いました。
平成3年に手術し、現在後遺症とも戦いながらも、なんとかやっています。
当時も発見までに長い時間がかかり、非常につらい思いをしました。病気を見つけてくれた医者の話では、インスリノーマという病気は割とよく知られているが、実際に患者さんを診るのははじめてとのことでした。
確かに情報が少なく、Web上でも学術論文以外のものはほぼ皆無ですね。デイジーさんのブログを見つけ、矢も盾もたまらずコメントさせていただきました。
御自愛ください。

投稿: おやじ | 2008年8月 4日 (月) 09時28分

おやじさん

 コメントありがとうございます。

 奥様がインスリノーマだったとのこと、大変でしたね。自分が病気になるのはもちろんですが、家族として支えるのはさぞかし大変なことだと想像いたします。ましてや原因がなかなか分からないともなれば、不安も相当なものだったのではないでしょうか。

 わたしの手術をした医師は膵臓専門の教授でしたが、それでも十数例しか扱ったことがない、と言っていました。術後の教授回診のときは、それこそ白い巨棟のようにたくさんの研修医を引き連れてきては、わたしのお腹を見ていました(笑)。

 いつのまにやら手術からもうすぐ2年です。このまま平穏に月日が送れれば……そう願うばかりです。
 

投稿: デイジー | 2008年8月28日 (木) 21時25分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ムムむむむ。:

« 症状の変化 その4——発作後、病院にて | トップページ | 病状の変化 その5——低血糖の原因を探って »